数字は人を動かさないが、エピソードは人を動かし感動させる

コンサルティング

お客様の声(スクール系)

お客様より、ご感想をいただきました。

セミナー事務局担当 Yさん

大変遅くなりましたが、アンケートの件です。
乱文ですが、取り急ぎメールにて

Q1,実施前に悩んでいたこと
それぞれの講師の方に、個性や経験を活かして講座を担当していただいていますが、講座としての方向性については打合せしつつも、専門の領域ということもあり、内容が専門により過ぎたり、講義の進め方など細かい点については、プロの方に対して注文しづらい面はたしかにあります。

Q2.アウトプットとしての成果物(レポ-トやマッピング)は的確でしたか?
毎回迅速にマッピングを作成していただいていたので講義の内容のバランスや改善点などを確認して、次回の講義に反映させてゆくことができました。
マッピングされたものをみてみると、バランスよく話をされている回もあればよく流れているようにみえて話が偏っていたりということがよくわかります。
またマッピング以外に改善点としてのレポートがあり、講師の方に指摘しづらいところなどよく書いていただいていました。

Q3.カリキュラム作成や課題点において次に活かせるアドバイスはありましたか?
マッピングで講義の内容を分析することで、この講座が意図すること
今後の方向性を考え直すことができました。

Q4.実施後、運営面でどのような気づきがありましたか?
(ご自身/講師/受講者/運営サイド)

サポートを受けることで、講師自身が意識していない良い面を引き出すとともに、ホスト側が引き出すポイントというのを講師自身が意識することで、ファシリテ-タ-としての役割を自覚してもらうことができ、講義の流れが安定してきたと思います。

Q5.他に気づいたことがあればお知らせください。
どの分野のプロにもレッスンプロがついてアドバイスしているように客観的にみて指摘するサポートの必要性がよくわかりました。講師だけではなく、実際受けている受講者たちにどう響いているかなど多角的に分析し、また運営側に対しても忌憚のない意見やアドバイスをいただけたのでとても助かりました。
芝蘭さんのお人柄もあり、すぱっと言っていただけるところが気持ちよかったです。
お忙しい中ご協力いただきまして本当にありがとうございました!

お客様より、ご感想をいただきました。

メイン講師 Yさん

完璧なサポート体制に感謝してます。
●●以降も密度と精度の高いセッションを目指し頑張っていきますので引き続きよろしくお願いします。
アンケートはあっさりした回答になりましたがお送りします。

Q1.実施前に悩んでいたこと
自身のブランデイングの方向性を再考する上で、第三者に定点観測
してもらう必要性を感じてました。
講演、セッション等でのコミュニケーション力向上の十分条件、必要条件の見直し。

Q2.アウトプットとしての成果物(レポ-トやマッピング)は的確でしたか?
レポート、マッピングは的確で記録ではなく記憶するために必要不可欠なものでした。

Q3.カリキュラム作成や課題点において次に活かせるアドバイスはありましたか?
カリキュラム作成に関してはセッションの傾向を検証し方向性の舵取りのサポートになりました。
課題点に関しては会期中での早期改善,検証、実施が可能になりより精度の高いセッションつくりのサポートになりました。

Q4.実施後、運営面でどのような気づきがありましたか?
(ご自身/講師/受講者/運営サイド)

今後のコースカリュキュラム作成つくりにマッピングアーカイブを活用します。

Q5.他に気づいたことがあればお知らせください
目標:圧倒されるプレゼンテーションを目指しファシリテーターのポジション確立。
国内外で通用する●●●●●●(●●●●●)を一人でも
多く育成していく必要性を実感しました。

今後はマインド寄りのトーク → よりスキル重視に移行していこうと思います。

お問合せ

その他ご質問などございましたら、メールまたはフォームにてお問合せ下さい。

メール
info@shirayu.com
フォーム
お問合せページへ